便利な拡張装置です!

クレードルを知っていますか?

これはスタンド型の拡張装置です。これがあれば、充電しながらネット接続が出来ます。

拡張装置なので、通常は無線LANのネット接続方法を有線LANにて接続することが出来ます。

また、充電をしながら、ネット接続ができるので、バッテリーを気にせず使うことができるので、1台あると何かと便利です。

つまり、充電器として利用しながら、接続方法を切り替えることが出来るのです。

クレードルってそんなに必要?

クレードルは充電器としても利用ができるので、おススメです。

また、ポケットWi-Fiはネット接続をする際、自宅での利用に弱いという欠点があります。

これはポケットWi-Fiが持つ電波が直進性の高いものであり、結果的に床や壁などの奥まった環境に弱くなってしまっているのです。

そんな時クレードルがあると快適なネット接続が行えます。

それは、有線接続にするということです。

ポケットWi-Fiを有線接続にすることで、安定した電波を受信することが出来るようになります。

ポケットWi-Fiを室内で利用する場合、通信状況をよくするためには、窓際に置くなどすると、電波の状況は変わります。

ここでクレードルを使えば、安定したネット接続をすることが可能です。

充電器、でも挿しっぱなしは厳禁?

充電器に端末を挿しっぱなしにするという状況があると思われます。

確かに自宅で利用する場合、絶えずポケットWi-Fiを充電器に挿しておくと、電池の消耗を心配しなくてもいいので便利です。

けど、この「過充電」という状態が長く続くと、バッテリーの寿命を縮める原因になるので注意が必要です。

充電器に挿しっぱなしにするのではなく、電池がなくなったら充電し、そしてまた使うという方法をとった方が、電池の持ちは良くなります。

一般的なポケットWi-Fiには「リチウムイオン電池」が使われていますが、これは300〜500回程度の充電で劣化が始まるので、なるべく使ってから充電器に挿すという方法が良いでしょう。



to TOP